★ 2018年2月16日「柳窪緑地保全地域(柳窪4丁目・5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:2月16日(金) 9時~15時 天気:晴

今回の活動場所は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある東京都の柳窪緑地保全地域(広さは約13,500平方メートル)と東久留米市の管理地です。恒例となった「(仮)柳窪 黒目川・周辺樹林をきれいにする会」として、地元の方々と共同活動しました。柳窪緑地保全地域では、アズマネザサの刈り取りやお茶の木伐採、灌木の間引き、整理作業、ゴミ拾いなど、黒目川上流部の市管理地域では、川沿いのマダケの伐採と整理、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
お手伝い頂ける方々の参加をお待ちしています。

以下に活動写真を掲載しましたのでご覧ください。
⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:活動で集まった投棄物などでゴミ袋90Ⅼx3袋ありました。中には違法と思える小型の冷蔵庫やタイヤチェーンなども含まれています。いつもながら残念でなりません。

今後も年間活動予定表に基づき、市内各地の雑木林保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しております下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔2月の活動予定〕24日(土)歴環下里、
〔3月の活動予定〕2日(金)歴環野火止、10日(土)南沢緑地、16日(金)柳窪緑地、17日(土)午前/竹林公園、午後/南沢苗圃、24日(土)午前/向山樹林地・午後/学芸大、31日(土)歴環小山
※4月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真:緑地東側の住宅地沿いで林床の植物の生育を促すためにアズマネザサ刈り(林縁から15m幅x40m長ほど)しました。

※写真:この緑地と周辺ではマダケが病気に侵されています。それらの対策で地元の方々と呼応してマダケの伐採・整理の作業も実施しました。

※写真:保全活動後、倉庫内すべての工具類の員数を確認しました。木くずのついたノコギリもあり、メンテナンスして収納しました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!