★ 2017年10月6日 「小山緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:10月6日 8時45分~12時 天気:くもり
 東久留米市小山1丁目にある小山緑地保全地域で実施した緑地保全活動報告です。同緑地は、黒目川左岸側の河岸段丘上に位置しており、緑地に接して走る西武池袋線を眼下に望むことができます。今回は、市内のクリスチャンアカデミージャパン生徒等のボランティア活動を支援しました。2014年10月が最初で、毎年春・秋に行っている活動です。先生や生徒50名程を迎えて、我々が日頃行っている草刈りや落木拾い、樹木の伐採、整理作業、ゴミ拾い等を実践してもらいました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

活動模様については、以下の写真をご覧ください。
⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 1班の皆さんが刈込バサミを片手に林に入り草刈りを始めたところです。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔10月の活動予定〕 14日(土)歴環小山、20日(金)南町緑地、28日(土)南沢苗圃
〔11月の活動予定〕 3日(金)南沢緑地、11日(土)歴環下里、17日(金)前沢緑地(含森の広場)、25日(土)午前/氷川台緑地、午後/学芸大雑木林
※12月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 1から3班までの生徒さん方が一列に並んで草刈りをしている姿です。

※写真: 休憩後の活動でぼらのおじさんと一緒にクズ蔓を引き落としている所や暫しの休息、クマデを使って整理作業をしている所です。

※写真: ノコギリを使ってアカメガシワや樹木に絡んだクズ蔓を切断しているところです。 上手に使いこなしており、中には入会させたい生徒もいました。

※写真: 今回の活動で出会った草花や昆虫などです。

ナス科:ヒヨドリジョウゴ花

キク科:アイノコセンダングサ

ナス科:ヒヨドリジョウゴの果実

オオバナミガタエダシャクとジョロウグモ

※写真: 活動を終えて先生生徒の皆さんを見送っているところです。
本当にお疲れ様でした。また、一緒に活動できることを楽しみにしています。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!