★ 2017年9月30日「前沢緑地保全地域(含森の広場)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:9月30日(土) 9時~15時 天気:晴

 今回は、東久留米市の南部(前沢3丁目)に位置する、東京都の緑地保全地域(含森の広場)で緑地の保全活動を行いました。この緑地は、北西側飛地と中央部(森の広場が隣接)、南東側飛地に分離しています。今日は、森の広場に散乱していた枯枝や枯損木の伐採と整理、保全地域内の草刈りとアカメガシワやビワなどの間伐、剪定、整理作業、ゴミ拾い活動を行いました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 伐木した枯損木を1・8mの長さに切り詰めているところです。今活動では散策路に近い場所の5本ほどの危険な枯損木を伐採・整理しました。
※散策時には危険な架かり枝や枯損木などに十分注意して下さい。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔10月の活動予定〕 6日(金)小山緑地(※向山樹林地から変更)、14日(土)歴環小山、20日(金)南町緑地、28日(土)南沢苗圃
〔11月の活動予定〕 3日(金)南沢緑地、11日(土)歴環下里、17日(金)前沢緑地(含森の広場)、25日(土)午前/氷川台緑地、午後/学芸大雑木林
※11月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 危険を伴う伐木作業です。伐倒方向を見定め、受口と追口、そして必要に応じてロープでのけん引、人通りの確認、伐倒時の掛け声など徹底しながら実作業しました。 

※写真: 一月前に草刈りしましたが既に60㎝の高さまで伸びていました。刈払機を使って丁寧に草刈りしたので今後の生長が抑えられるでしょう。

※写真: ビワとコナラの樹木で横に張り出した枝を剪定しているところです。作業後は、樹木周辺の林床が見違える程明るくなりました。来春の野草の芽生えが楽しみです。

※写真: 活動中に見かけた、オオカマキリ、キク科ヤクシソウ、マメ科ヤブマメです。ヤクシソウの開花が観察できると今年開花する野草もリンドウなど含めて残りわずかとなります。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!