★東久留米自然ふれあいボランティア 野火止用水歴史環境保全地域(野火止地区)での活動報告 2014年7月18日

場所:歴環野火止地区 7月18日 9時~12時 天気:曇
 今回の活動場所は、都立東久留米西高校の裏手にある野火止用水沿いに残された雑木林になります。前回活動した歴環小山地区から西側へ800m程上流地点に位置しています。明け方まで雨が降っていたこともあり、草木は濡れた状態でした。また、午後からは下り坂との予報もあり、今にも降り出しそうな気配の中、用水沿いの草刈りと整理作業を行いました。活動模様については、以下の活動写真をご覧ください。

※写真: 春先の活動から4か月を経て、陽の当たる林縁のアズマネザサやつる性植物は大いに繁茂している状態でした。隠れている貴重な野草を保護しながら刈込バサミやカマ、剪定バサミを使い草刈りと整理作業をしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔7月の活動予定〕19日(土)歴環下里地区、26日(土)歴環下里地区
〔注意〕歴環:野火止用水歴史環境保全地域
〔8月の活動予定〕1日(金)南町緑地、9日(土)前沢緑地、15日(金)金山緑地、23日(土)夏季打合せ(場所未定)/午後南沢苗圃、30日(土)氷川台緑地

※写真:刈り取っているものは「アズマネザサ・ドクダミ・ミズヒキ・クズ・オニドコロ・ヤブガラシ・ヘクソカズラ」などです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※写真: ヒヨドリが好んで食する「ヒヨドリジョウゴ」の花です。この後、果実となり秋になると実が真っ赤に熟します。※一見おいしそうに見えますが毒ですので人は食せません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※写真:ユリ科「ノカンゾウ」の花です。茎部分は他の野草に覆われており、一緒に写っている植物は、オニドコロとヘクソカズラなどのつる性植物の葉です。
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※写真:繁茂している下草やフェンスに絡まったつる性植物の状態です。そして、活動後の林床と綺麗になったフェンスの状態です。フェンスに巻き付いた蔓は中々外せません。何か良い手だてがありましたらお教え下さい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!