★東久留米自然ふれあいボランティア 南沢樹林地での活動報告 H25年11月9日

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

南沢樹林地での活動報告

 場所:南沢樹林地 11月9日(土) 9時~15時 天気:曇

 今回は、南沢樹林地にて東久留米市環境政策課の職員の皆さんと共同で樹林地内の散策路の更新作業を行いました。樹林地内は、樹林や野草保護のために散策路が設けられていましたが、老朽化などの理由でほとんどの杭が根元から朽ちており、今回の共同による更新作業となりました。今回使用した杭は前回使用のものより一回り大きなものを使っていますので3年から5年ほどの耐用年数があると想定しています。樹林地をご利用の皆様!大切にご利用ください。

※写真:民地との境にある木杭の根元が朽ちていたため、添木を打込み鎹(カスガイ:木材を固定する金具)で固定する作業を行っており、手の空いている皆さんが作業の善し悪しを評論?しているところです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。
または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔11月の活動予定〕20日(水)氷川台緑地、23日(土)前沢緑地、30日(土)金山緑地、

※写真:大きめのカケヤ(大型の木槌)を使い直径10cm、長さ90cmの木杭を40cmほど打込む作業をしています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※写真: 真新し木杭を打込んだ傍で古い木杭に通してあるロープを外しています。ワイヤー入りロープのため、自由が利かず中々外すことができないうえ、自然に還らない厄介物です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※写真:木杭の打ち込みも終えて、ロープを木杭の穴に通す作業をしています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※写真左:勿論、アズマネザサなどの草刈りも行いました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※写真:密植していた竹や黄色く変色した古い竹を20本ほど間引き3m程の長さに切り揃え枝を落とす作業をしています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※写真:作業後の更新された散策路で、西側の竹を間引いたため林床が明かるか感じられます。樹林地をご利用の皆さん大切にご利用ください。
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※東久留米市内の緑地保全に是非ご協力ください!