ごみについて考えてみませんか?~集めている人の話を聞いてみよう!~<第3回くるくる市民講座>

くるくるチャンネルがお届けする【くるくる市民講座】第3弾が
いよいよ6月24日開催です!!

第3回くるくる講座<よそでは聞けない話>ごみについて考えます。

東久留米市内では7月からごみの全品目戸別収集、
秋には家庭ごみの有料化
が実施される予定です。

 私たち市民は、さまざまなルール変更に戸惑いつつも対応しておりますが、
そもそも市内のごみ処分の現状等基本的なことはまだまだ知らないのでは
ないでしょうか?

こちらでチラシを閲覧 ・ プリントできます → 第3回くるくる講座カラーポスター

日 時 : 平成 29 年 6 月 24 日(土)
       午後 1 時 30 分 ~ 4 時  (終了予定)

場 所 : 市民プラザホール(市役所1階)

内 容 : (1)東久留米市のごみの現状(東久留米市環境安全部ごみ対策課)
      (2)毎日の作業を通じて考えること
      (3)みんなでごみについて考えよう(意見交換会)

講 師 : 大生運輸株式会社 取締役環境事業部長 新保 芳人 氏

定 員 : 80名 (お申込み不要・当日直接ご来場ください)

参加費 : 無料

主 催 : 東久留米市コミュニティサイト運営委員会くるくるチャンネル

 

東久留米の農業のこと<第2回くるくる講座>

くるくるチャンネルがお届けする【くるくる市民講座】第2弾が
いよいよ2月11日明日です!!

第2回くるくる講座<よそでは聞けない話>東久留米の農業を考えます。

平成27年4月に公布された都市農業振興基本法について学習し、
これから東久留米農業に市民である私たちは何を期待し、どうかかわるかについて

考えてみませんか?



こちらでチラシを閲覧 ・ プリントできます → 第2回 改定版)くるくる講座チラシ カラー

日 時 : 平成 29 年 2 月 11 日(土)
       午後 1 時 30 分 ~ 4 時 30 分 (終了予定)

場 所 : 市民プラザホール(市役所1階)

内 容 : (1)都市農業振興基本法制定のその経過等
      (2)東久留米市農業長期基本計画でめざすもの
      (3)ディスカッション

出演予定 : 星 勉 氏【地域社会計画研究所 代表】
        遠藤 清美 氏【東久留米市農業委員会 会長】
        宮秋 道男 氏【都市農地の市民的活用研究会(都市農研) 代表】 他

定 員 : 80名 (お申込み不要・当日直接ご来場ください)

参加費 : 無料

主 催 : 東久留米市コミュニティサイト運営委員会くるくるチャンネル

共 催 : 都市農地の市民的活用研究

 

第5回くるくるチャンネル川柳コンテスト 締め切りました!!

川柳るる川柳くく

第5回くるくるチャンネル
川柳コンテスト
沢山のご応募
ありがとうございました!!

 

 

東久留米市内だけではなく、全国各地か800句以上ものご応募がありました。

深く考えさせられるものから、思わずクスッと笑ってしまうものまで
大変多くの句にスタッフ一同楽しませて頂いております♪

皆様の想いが詰まった句をこれからじっくりと審査させていただき、
各賞を決定致します。

尚、応募作品は各賞が決定した後10月29日に授賞式を行いその後
11月1日よりすべての句をサイト上に掲載いたしますのでお楽しみに!

※授賞した方には10月中旬ごろお知らせする予定です。

 

■■■大好評!今年は第三回川柳コンテスト■■■

 

 

第3回くるくるチャンネル川柳コンテスト今年の応募要項を発表いたします!
ただ今市内各地区センター、地域センターや駅、市役所にポスターが貼ってありますのでご覧ください♪

川柳くく

みなさまからのバラエティにとんだ作品をお待ちしています。

振るってご応募ください♪川柳るる

 

 

 

 img007

第3回 くるくるチャンネル川柳コンテスト 応募要項

【募集テーマ】

〈A〉指定テーマ『東久留米』 
 
「東久留米」の文字が入っていなくても「東久留米」が連想できればOK♪

〈B〉自由テーマ
日ごろの想いや、日常のひとコマを、思いつくままにお詠みください♪

※〈A〉〈B〉いずれかでも両方でもかまいません。(合計3首まで)

【応募資格】

どなたでも

【募集期間】

 平成26年8月1日~10月31日

【応募方法】

 メールにて下記の内容をご記入の上ご応募ください。

  1. 件名は「くるくるチャンネル川柳応募」としてください
  2. 氏名(匿名希望の場合はニックネームも併記)
  3. 年齢(小・中学生は学年)
  4. 住所・電話番号
  5. 作品はテーマ<A><B>をそれぞれの川柳の前に明記してください。

例) 〈A〉〇〇〇・・・・●●●●

    〈B〉●●●・・・・〇〇〇〇

   〈B〉・・・〇〇〇〇●●●●

〈A〉  のみ〈B〉のみのご応募も可能です。
どのようなくみあわせでも合計3首までのご応募となります。

 応募メールアドレス kuru2-ap@bz03.plala.or.jp

【応募規定】

 1.応募作品はご本人が詠んだもので、未発表のものに限ります。

 2.応募はおひとり3点まで。(3点以上の応募があった場合は先の3点のみの受付となります。)

 3.個人を誹謗中傷したり、公序良俗に反する内容の応募は無効となります。

 4.応募作品の著作権は作者に帰属します。

 5.応募作品は、本コンテストの広報活動に限らず、主催者が必要とする場合、他の広報活動にも使用することがあります。

 6.応募の際に記載していただく個人情報は、入賞通知など、本コンテストを運営するために必要な範囲で使用させていただきます。

【作品の取り扱い】

1.優秀作品の表彰式を12月に行う予定です

2.応募作品は、東久留米のふれあい情報サイト「くるくるチャンネル」上にて表彰終了後(『市長賞』『くるくる賞』『ジュニア賞』他予定)公開予定です。

3.優秀作品は後日、東久留米市内各地に展示することがあります。

 

【お問い合わせ】

くるくるチャンネル事務局 042(439)6033

主催:東久留米市コミュニティサイト運営委員会
共催:東久留米市

滝山・前沢みんなのバル祭り(7月18,19、20日)

件名滝山・前沢みんなのバル祭り
主催NPO法人東久留米ふれあいの街
イメージ画像 滝山・前沢みんなのバル祭り
日時7月18,19,20日
会場滝山中央名店会~まえさわ小町商店会
対象者チケットを購入した方
申込方法7月1(火)~20(日)までに下記のお店でチケットご購入下さい

●滝山中央名店会 バス通り側 ふれあい交流センター
●前沢小町商店会 味の民芸
●前沢小町商店会 ブルボン洋菓子店
費用チケット1冊3枚綴り¥2000
内容詳細マップを片手に街を巡り、気に入ったお店でチケットを1枚お店の人に渡すと、街バルメニューが楽しめます♪
いつも気になっているあのお店にでかけませんか?
問い合わせ先NPO法人東久留米ふれあいの街 ふれあい交流センター
関連URLhttp://homepage3.nifty.com/takiyama-c/bar.html
添付ファイル 滝山バル裏.pdf

清流を守る子どもたち NHK総合にて放送!!!

『清流を守る子どもたち』 がNHKの取材を受けました!!!

土曜日の早朝、落合川では子どもたちによる川掃除の風景が見られることを
皆さんはご存知でしょうか?

恥ずかしながら、私は子を持つ母ですが知りませんでした・・・・撮影風景2014_0706_084347-IMG_4673-6-300x200子どもたちと川掃除に取り組む荒井さんの風景がNHKに取材されました(*^▽^*)

☆NHK総合テレビ、7月12日07:35よりのニュ-ス枠で放映予定です☆

川掃除の記事はこちらから ↓↓↓↓
http://kuru-chan.com/kuru2press/

第18回東久留米市環境フェスティバル参加団体紹介

環境フェスJPEG笹山様

毎年6月に開催される
東久留米市環境フェスティバル ~自然・まち・人の環~ の参加団体をご紹介いたします。
事前にチェックして、みんなで遊びにいってみよう!

くくるる   みんなで行こうよ~♪

 

株式会社インテージリサーチ                       ~どんどんグリーンにお買い物~

いきいきIR

インテージリサーチは、駅前のりそな銀行の上にオフィスがある、マーケティングリサーチを行っている会社です。

社員は約90名で、パートさんなども合わせて、250名程度が東久留米で働いています。

 会場アンケートモニターとして、ご登録いただいている方には、会社まで来ていただいて、試食や試飲調査など、ご協力いただいているところです。

 環境関連では、環境省グリーン購入法の基準作りや普及などのお仕事に長く携わっています。また、昨年度は、経済産業省の補助事業として「どんぐりポイント制度」の普及促進に携わりました。環境版ベルマークともいえる制度で、消費を通じた地球温暖化防止制度です。

環境フェスティバルは、初参加ではありますが、「どんどんグリーンにお買いもの♪」と題して、身近ないろいろな商品やパッケージについている様々な環境ラベルを紹介します。代表的な「エコマーク」の他に、どんなマークがあるのでしょうか。どんな環境問題のためにつけられたマークなのでしょうか。消費は個人の意思を示す活動でもあります。持続可能な社会にしていくために、日々の買い物でも環境にやさしい商品かどうか、考えていきませんか?!

 

 

向山緑地・立野川勉強会、南部地域センター、(学)自由学園  ~向山緑地・立野川から始める地域学~

katudounoyousu

「向山緑地・立野川勉強会」の目的は、向山緑地・立野川の自然環境、生物多様性の再生・保全とワイズ・ユース(賢明な利用)のためのボランティア活動を行うことです。東久留米において貴重な地域であることを学んだ南部地域センターの地域学講座の受講生有志と同地域を調査・研究している(学)自由学園を団体会員として発足しました(現在は団体会員に(NPO)南沢シュタイナー子ども園も参加)。

 「向山緑地・立野川源流域」は、立野川の水源となる湧水と北斜面の樹林地が一体となって残っています。縄文の昔から地域の人々に大切にされ、近年まで地元の農家の方々などに利用されつつ守られてきました。これらの意義と、降雨が源となっている東久留米の湧水間のネットワークの意義、そして、市と市民と教育機関(自由学園・子ども園)による保全活動が評価され、昨年11月に「関東・水と緑のネットワーク拠点百選」に選ばれました。今回の展示は、それを記念して行われたシンポジウムの紹介などを行います。

 

 

(学)自由学園最高学部(大学部) 「自然誌・環境」学園特別実習グループ~向山緑地・立野川と自由学園~

CIMG4436 立野川 学園内

()自由学園の最高学部(大学部)の「自然誌・環境グループ」は、12年生のカリキュラム、「学園特別実習」8グループのうちの1つです。自由学園の教育環境の中で、自然環境の保全活動をしています。学園の10ヘクタールのキャンパスには、台地面と立野川の崖線の北斜面、崖下を流れる立野川とその周辺、そして北側の低地、と少しずつ異なる地形と自然環境があり、その中には学園が移転する以前からの植物も生育しています。

 立野川は源流域から東側に流れていきますが、随所で湧水が加わり、水温の年較差が小さく、河川や周辺の動植物の生育に大きな役割を果たしています。向山から東に約1kmにある自由学園でも同様です。

2009年秋から向山緑地・立野川源流域の動植物、湧水の観察および温度測定などを行い、学園内の調査結果と比較考察し、その結果を保全活動に活かしています。環境フェスティバルでは、このなかから、ご紹介します。

♪「くるくる川柳コンテスト」応募作品掲載♪

2013年8月から始めました第2回「くるくる川柳コンテスト」へ
ご応募いただいた全作品の掲載を始めます。

全作品公開中! バラエティ豊かな作品をお楽しみください♪

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

くるくる川柳コンテスト応募作品「その1」

くるくる川柳コンテスト応募作品「その2」

くるくる川柳コンテスト応募作品「その3」

「ダイヤモンド富士」

「ダイヤモンド富士」が東久留米で最もきれいに見えます。
ー12月18日から数日間ー

ダイヤモンド富士とは、富士山にかかる夕方の太陽がダイヤモンドのように見える現象です。太陽の高度により、特定の地点に限れば、見える時期は限られます。

ぜひ、この時期に東久留米で、お勧めは東久留米駅の富士見テラスです。

IMG_1828 (427x640)

第2回くるくるチャンネル川柳コンテスト入賞・入選作品発表!

お待たせしました!

第2回くるくるチャンネル川柳コンテスト、入賞・入選作品が発表されました!

12月14日(土)に開催されたくるくるチャンネル登録団体親睦会の中で、入賞作品の
表彰式が盛大に行われました!

入賞・入選作品につきましては今後、市内の各地域センター等各所に展示予定です。
スケジュールが決まり次第、くるくるチャンネル上でお知らせいたします。
お近くで展示された際は、ぜひご覧になってください♪

また、応募全作品をサイト上で順次公開予定です。
こちらも、お楽しみに♪

入選・入賞作品はこちらでご覧になれます! クリック!!
  → 特集】第2回くるくるチャンネル川柳コンテスト入賞・入選作品発表!