6月2日,多摩全生園「人権の森」を考える,講演会(東久留米市民プラザにて)

◎6月2日(土)13時30分~16時
◎知っていますかハンセン病を。
 知ってください多摩全生園の歴史を。

 プログラム1 DVD上映「ひいらぎとくぬぎ」
 プログラム2 語り部講演会 平沢保治さん
       (多摩全生園 入所者自治会会長)

◎東久留米市民プラザ ホール 入場無料

◎主催 東村山市 お問合せ先、同市企画政策課 042-393-5111

東大和市に市民によるコミュニティサイト誕生の報告会

2017年11月、大和市に市民によるコミュニティサイト
   どっとネット」が誕生しました。(本サイトイベント欄で紹介しました。)
 公民館の講座をきっかけに、3年がかりで誕生にこぎつけました。去る1月23日、大雪の翌日にその報告会が開催されました。この講座では、ほかに子育て、まちおこしを含めて三つの団体が活動してきました。
 いずれも「東大和の魅力発見・発信し隊」という共通の目標を掲げて活動しています。詳しくは、http://higashiyamato.net

 以下はそのリーフレットです。2017年には、「くるくるチャンネル」が講師に招かれ活動の報告と意見交換をしました。そのことも紹介されています。

リーフレットPDFはこちら → どっとネット リーフレット

 

 

東大和市に市民によるポータルサイト誕生!

昨年秋に、東大和市の市民によるポータルサイトが誕生。
その名は「東大和どっとネット」。
http://higashiyamato.net

公民館講座のなかから、自主活動団体が立ち上がり、実践活動を経て誕生。
昨年10月、当くるくるチャンネル登録団体交流会にも参加されました。

その報告会が、1月23日(火)10時から正午まで、
東大和市中央公民館で開催されます。

お問い合わせ;042ー564ー2451(東大和市中央公民館)

第10回くるくるチャンネル 登録団体交流会

平成29年10月28日(土)に  市民プラザ ホールにて、くるくるチャンネル登録団体交流会が開催されました

当日の開催内容を「動画」で紹介します。
くるくるチャンネルの活用報告や川柳コンテストの表彰など当日の様子がわかる内容になっています

下記URLからご覧ください。音声も入っています」

http://www.geocities.jp/iwaihanshirojp/kurukuru/2017/html/index.html

ごみを集めている人の話を聞きました!【第3回くるくる講座実施報告】

去る6月24日、市民プラザホールで第3回くるくる講座~ここだけの話~ 「ごみについて考えてみませんか?」を開催しました。運営委員会企画のこの講座も「かわい接骨院」「都市農業」に引き続き第3回になります。当日は市民や事業者の皆様など50名ほどが参加されました。ありがとうございます。

今回は、ごみ収集方法の変更で話題になっている「ごみ」について焦点を当て、また本くるくるチャンネルの「バナー」としてご支援をいただいている大生運輸様のご協力、東久留米市ごみ対策課のご支援をいただき、標記講座を開催することといたしました。

講座では、はじめに東久留米市環境安全部ごみ対策課の中谷課長から東久留米のごみの現状が報告されました。

 

7月からの全品目戸別収集の内容や、10月からの有料化の具体的な実施内容を説明いただき、さらにごみ処理がどこで行われているか(二ツ塚)や、ごみ削減に向けた取り組みなどを丁寧にまた、コンパクトにお話しいただきました。

次いで、今回のメイン講師の大生運輸取締役環境事業部長の新保さんから、ごみ収集の現場の状況をじっくりお話しいただきました。

 

新保さんは、ごみ収集する人の一日を紹介、朝の朝礼からはじまり、収集現場の写真を見せながら、収集中で困ることなどをお話しされました。「収集後にごみを置く人」「〇〇時までに来い、と電話をかけてくる人」「車の陰にごみを出すなど、ごみが見つけづらいこと」「2人でごみを集めるので、集めるメイン担当は相当な距離を毎日走ること」など、たいへんなごみ集めの状況が明らかになりました。

しかし働く皆さんはやりがいを感じ、あまりやめる人はいないのだとか。市内には同業者が4社あり、山下商事さん、丸井商事、東邦運輸の方々もお見えになりました。

その後、市民との意見交換としてディスカッションの時間を設けましたが、「大変なご苦労をしている事業者の皆様に本当に感謝している」「もっと厳しく違反ごみは取り締まった方が良い」などの意見が出されました。

今年度はあと2~3回の講座を実施いたします。お楽しみに!

ごみについて考えてみませんか?~集めている人の話を聞いてみよう!~<第3回くるくる市民講座>

くるくるチャンネルがお届けする【くるくる市民講座】第3弾が
いよいよ6月24日開催です!!

第3回くるくる講座<よそでは聞けない話>ごみについて考えます。

東久留米市内では7月からごみの全品目戸別収集、
秋には家庭ごみの有料化
が実施される予定です。

 私たち市民は、さまざまなルール変更に戸惑いつつも対応しておりますが、
そもそも市内のごみ処分の現状等基本的なことはまだまだ知らないのでは
ないでしょうか?

こちらでチラシを閲覧 ・ プリントできます → 第3回くるくる講座カラーポスター

日 時 : 平成 29 年 6 月 24 日(土)
       午後 1 時 30 分 ~ 4 時  (終了予定)

場 所 : 市民プラザホール(市役所1階)

内 容 : (1)東久留米市のごみの現状(東久留米市環境安全部ごみ対策課)
      (2)毎日の作業を通じて考えること
      (3)みんなでごみについて考えよう(意見交換会)

講 師 : 大生運輸株式会社 取締役環境事業部長 新保 芳人 氏

定 員 : 80名 (お申込み不要・当日直接ご来場ください)

参加費 : 無料

主 催 : 東久留米市コミュニティサイト運営委員会くるくるチャンネル

 

東久留米の農業のこと<第2回くるくる講座>

くるくるチャンネルがお届けする【くるくる市民講座】第2弾が
いよいよ2月11日明日です!!

第2回くるくる講座<よそでは聞けない話>東久留米の農業を考えます。

平成27年4月に公布された都市農業振興基本法について学習し、
これから東久留米農業に市民である私たちは何を期待し、どうかかわるかについて

考えてみませんか?



こちらでチラシを閲覧 ・ プリントできます → 第2回 改定版)くるくる講座チラシ カラー

日 時 : 平成 29 年 2 月 11 日(土)
       午後 1 時 30 分 ~ 4 時 30 分 (終了予定)

場 所 : 市民プラザホール(市役所1階)

内 容 : (1)都市農業振興基本法制定のその経過等
      (2)東久留米市農業長期基本計画でめざすもの
      (3)ディスカッション

出演予定 : 星 勉 氏【地域社会計画研究所 代表】
        遠藤 清美 氏【東久留米市農業委員会 会長】
        宮秋 道男 氏【都市農地の市民的活用研究会(都市農研) 代表】 他

定 員 : 80名 (お申込み不要・当日直接ご来場ください)

参加費 : 無料

主 催 : 東久留米市コミュニティサイト運営委員会くるくるチャンネル

共 催 : 都市農地の市民的活用研究

 

第9回東久留米コミュニティサイト    くるくるチャンネル 登録団体交流会 開催

ad平成28年10月29日(土)に 

市民プラザ ホールにて

くるくるチャンネル       登録団体交流が開催されました
今年は一般の方も参加可能な形式として「交流会」として開催しました

 当日の開催内容を「動画」で紹介します。
くるくるチャンネルの活用報告や川柳コンテストの表彰など当日の様子がわかる内容になっています

「下記URLからご覧ください。音声も入っています」

http://www.geocities.jp/iwaihanshirojp/kurukuru/2016/index.html

 

第5回くるくるチャンネル川柳コンテスト 締め切りました!!

川柳るる川柳くく

第5回くるくるチャンネル
川柳コンテスト
沢山のご応募
ありがとうございました!!

 

 

東久留米市内だけではなく、全国各地か800句以上ものご応募がありました。

深く考えさせられるものから、思わずクスッと笑ってしまうものまで
大変多くの句にスタッフ一同楽しませて頂いております♪

皆様の想いが詰まった句をこれからじっくりと審査させていただき、
各賞を決定致します。

尚、応募作品は各賞が決定した後10月29日に授賞式を行いその後
11月1日よりすべての句をサイト上に掲載いたしますのでお楽しみに!

※授賞した方には10月中旬ごろお知らせする予定です。

 

くるめボランティア・市民活動フェスタにいきました♬

平成28年2月27日土曜日!

朝からポカポカ陽気のなか、東久留米市役所市民プラザで

ボランティア・市民活動フェスタ2016が開催

されました(^◇^)CIMG7667CIMG7666

ボランティア団体や市民活動団体さん、個人参加者など、18団体の方々が日ごろの活動を来場された皆さんに披露したり一緒に体験したりして、楽しい時間を過ごしていました。CIMG7656CIMG7693

 

 

当日は、東久留米市地域資源PRキャラクター湧水の妖精るるめちゃんと、東久留米市社会福祉協議会のくるみちゃんも駆けつけ、会場を盛り上げてくれていました(^_-)-☆CIMG7653CIMG7670

 

 

会場の飾りつけは、高齢者福祉施設の皆さんが、施設を利用されている方々と作成されてそうで、とてもきれいでした。CIMG7636CIMG7679

 

 

 

これを機会にボランティア活動や市民活動に関心を持つ方が増えていくといいですね\(^◇^)/